ホーム

お知らせ

メディア掲載や物件情報などお知らせします。

BUILD A HOUSE

次の100年の家づくり。

MIRAKURAS

タカマツハウスの分譲地「ミラクラス」

会社情報

今までの100年からこれからの100年へ。

採用情報

タカマツハウスの採用情報です。

お問い合わせ

タカマツハウスへのお問い合わせはこちらから。

ABOUT US-TOP INTERVIEW-

トップインタビュー

お客様の“夢”を
カタチにする

タカマツハウス株式会社
代表取締役社長
藤原 元彦

高松建設グループの新しい柱として
住宅業界に一石を投じたい

ー タカマツハウスの概要を教えてください。

タカマツハウスは、創業100年の高松建設を中核に置く高松コンストラクショングループの新しい柱として、2019年4月に誕生したばかりの会社です。我々が手がける木造戸建て住宅事業は、“住む人の夢をカタチにしていく”という、建設会社にとっても夢の仕事であり、非常に尊い仕事です。しかし残念ながら、現在の住宅業界は、過剰競争の結果お客様を置き去りにした過剰品質・過剰サービスの提供合戦になってしまっている一面もあります。もう一度、顧客起点に立ち帰り、お客様が本当に望む“価値のある家づくり”を目指し、これからの住宅業界を本気で変えていきたい。そんな熱い思いを持った業界のプロフェッショナルたちが集結しスタートしたのが、タカマツハウスです。

住む人の“幸せづくり”に本気で向き合う

ー タカマツハウスが目指す“価値のある家づくり”とはどのようなものですか。

「住む人が望む“当たり前の”家づくり」です。
家とは、大切な家族が当たり前のように安心して暮らせる場所であり、住む人全員にとって幸せな場所であるべきです。人々のライフスタイルが多様化してきている今、“当たり前”も人それぞれ。幸せの形も人それぞれです。
ですから、私たちがやらなくてはいけないことは、住む人一人ひとりに合った「幸せづくり」だと思っています。オーバースペックで華美な家も、大量生産による画一的な家も作りません。なぜなら、そこに幸せや愛はないからです。愛を持って、お客様一人ひとりの「こういう家に住みたい」という声に寄り添い、住む人それぞれの「幸せづくり」に本気で向き合うこと。それがお客様が本当に望む価値のある家づくりにつながっていくのだと思います。

お客様の幸せを願い、
それを自分の喜びにしていく

ー 当たり前の「幸せづくり」、素敵な言葉です。ただ同時に、その実現はなかなか容易いことではないのではないでしょうか。

まさにおっしゃる通りです。だからこそやらなくちゃいけない。私が常に社員に伝えているのが、住む人の「幸せづくり」に向き合うということはつまり、家づくりに関わる人間全員の「幸せづくり」を考えることだということです。タカマツハウスの社員はもちろん、施工業者や現場のスタッフなど、全ての人が幸せであること、そして元気であること。まずここから始めないといけない。だから我々の会社に「不幸な社員」は絶対に作りません。もし売れない営業担当者がいたら、みんなで全力で応援します。社員は家族ですから。誰のことも見捨てない。囲い込んで応援して、心を揺さぶっていく。そしてみんなで元気に幸せになっていく。
お客様の幸せを願い、それを自分の喜びにしていくこと。そうすることで、幸せは必ず循環し、住む人とそこに関わる全ての人の「幸せづくり」が実現する。それが私たちの家づくりの真髄です。

「次の100年の家づくり」に
挑戦し続ける

ー これからの展望をお聞かせください

次の100年を見据えた家づくりに常に挑戦していくことをお約束します。次世代も、またその次世代も、住む人が大切な家族と大切な時間を、当たり前のように過ごすことができる家、そして何よりも、世代を超えた資産価値を持つ家づくりを目指します。そのためには、安全・安心はもちろん、普遍的なデザインへの取り組み、地球環境や街並みに配慮した住宅設計など、でき得ることはすべてやる、そんな意気込みでいます。
私たちのチャレンジはスタートしたばかりです。ここから100年、私たちは変わり続け、進化し続け、家に関わる全ての人が「あー、タカマツハウスで良かった」と思えるような家づくりを目指します。
私たちと一緒に、“夢”をカタチにしていきましょう!